目的・沿革・連携

『みんなが主役 笑顔のおおしま』

設立の目的

1.定住促進のまちづくり
2.安全で快適なまちづくり
3.心豊かな人づくり
4.安心して暮らせるまちづくり
5.活気あるまちづくり
6.人と人とがつながるまちづくり

笠岡市大島地域は、過疎化進行の中で高齢者の福祉、子どもの健全育成、情報の地域間格差、防災等様々な社会問題を抱えています。特に、独居老人の孤独死、防犯、防災啓発等は、大島地域にとっては、大きな課題となっています。
私たちは、こうした笠岡市大島地域の課題を解決するため、既存の各活動団体と連携してネットワークを広げ、地域住民が気軽に集い、課題を話し合ったり、助け合ったりする地域協働を進め、大島の皆さんが安心て暮らせるまちづくり、魅力あるまちづくりの実現に寄与したいと考えています。

NPO法人 大島まちづくり協議会
理事長 大島 博

沿革

平成23年2月 「大島まちづくり協議会」結成総会
平成23年6月 NPO法人設立のためのプロジェクトチーム発足
平成25年1月 NOP法人設立について臨時総会で可決
平成25年7月 NPO法人設立総会を開催後、設立の認証申請
平成25年10月 NPO法人設立を岡山県知事認証
平成25年11月 NPO法人設立登記

内閣府NPO法人ポータルサイトにて行政入力情報を確認ください。
https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/033000686(クリックすると新規ウィンドウで開きます。)

連携

大島まちづくり協議会

大島まちづくり協議会は任意団体で、NPO法人大島まちづくり協議会とは別の組織です。
協力を得ながら、共に大島のまちづくりを進めています。

山陽学園大学・短期大学

連携・協力に関する協定書に調印いたしました。(平成27年7月3日)
現在人気沸騰中の大島バーガーの開発に取り組んでいただきました。
また、山陽学園大学の新入生オリエンテーションとして、当施設をご利用いただき、まちづくり等の大島の地域学習、郷土料理を堪能していただきました。